忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あなたは何のために一人暮らしをするのですか?あなたは何がしたいのですか?

以前、一人暮らしをしているつらさのひとつに僕が過去に経験した寂しさというものについて
お話したと思います。

知らない土地で一人で自活をしなければいけなかったため、自分から外に出て行って
交友関係を作ろうというお話です。

僕はもともとそこまで社交的な人間ではありません。
一人の時間も欲しいと思っていたので一人暮らしも悪くないなと思ったのですが、
そんなものは最初の1ヶ月だけで一人の時間なんて腐るほどありすぎて、
やっぱり外に出ようと思いました。

僕はもともとバンド活動が趣味だったので、スタジオを探してそこで交友関係を
築きました。そうすると土日も現地で知り合った友達と過ごすことができたりして、
寂しさもなくなっていきました。

ただ、そんなこといきなりやれといわれても難しいと思います。
なぜなら知らない土地、知らない文化の中一人で一人でほかのコミュニティに飛び込むわけ
ですから。

しかも僕の場合は相当運が良かったというのもあります。福岡にいたときには
趣味のバンド活動をするためのスタジオで店員さんが本当に仲良くしてくれましたから。

人付き合いが苦手な方だとなおさら大変ですよね。

それでも言います。あなたはこれから大型連休で帰省しているときと
学校や会社にいるとき以外はあなたの部屋で一人で過ごしますか?

もしあなたが土日に一日中部屋にいて何もせずにすごしている状態なら
分かるはずです。本当に退屈と戦っている状態になり、逆にストレスが
溜まっていることに。

僕のブログがあなたの役に立ってくれていればくれているほど、もしあなたが
そういう状態だと僕のブログも全く役に立ちません。むしろあなたの時間を余らせる分だけ
あなたの一人暮らしをどんどんむなしいものにしてしまっているのです。

あなたは仕事だけのために、家事を速くこなすためだけに一人暮らしをはじめたわけでは
ないと信じたいです。

外に出て友達を作って有意義な土日を過ごしてくださいなんて言いません。

あなたにとっての幸せはなんですか?

拍手[0回]

PR

【一人暮らしの方必見】一人暮らしの寂しさを解消するための3つの方法

一人暮らしをしていると一人暮らし特有の悩みに直面します。

それは、休日祝日に遊ぶ相手がいないこと。

一人暮らしをしていて実家が近い、地元が近い場合は特に問題がないかもしれませんが、
僕の場合は愛知県から離れた福岡県へ転勤でしたので、

・顔見知りがいない
・遊ぶ相手がいない

ということもあり、
本当に休日に何もすることがない状態でした。

遊ぶ場所を知っていても、遊ぶ相手がいない。
なかなか週末のたびに暇をもてあますのもつらいです。

一日中家で寝ているわけにもいかないし、
休みがくるたびに地元の友達と電話して過ごすわけにもいかない。

僕はこのまま絶対に嫌だと思ったので、僕が趣味でやっているドラムを
するために音楽スタジオを探しました。

インターネットで探して音楽スタジオを見つけて、休みがくるたびに
個人練習で通いました。

そうしているうちにスタジオの店員さんと仲良くなり、少しずつそのスタジオの店員さんを
通じて人脈が広がっていきました。

その店員さんはギターをやっており、その人もバンドをやっているということで、
ライブに誘ってもらったり、練習風景を見せてもらったり、一緒にご飯に行ったり
プライベートで遊ぶようになってその人の紹介やその人から紹介してもらった
人からの紹介で遊び相手が少しずつ増えていきました。

僕の場合はこのように趣味から人脈を増やし、現地で知り合いを増やしていきましたね。

これは一人暮らしをはじめて休日を過ごす端的な一例です。
いろんな方法があるので、簡単にお話しますね。

①趣味から同じ趣味を持つ人たちのコミュニティに参加する
②出会い系サイトを使う
③街に出てナンパをする

①の方法は何か趣味を持っていてそれを現在も継続している人向け
②や③の方法は相手が異性にしかできない技ですが、恋人や遊び相手を
探すのにとても楽な方法です。ナンパや出会い系といえば聞こえは悪いですが、
なにも夜の相手を探すばかりにしか使えないわけではありません。

どんなツールも使い方次第だと思います。

それではひとつずつ解説していきましょう。

①の方法について

自分と同じ趣味の人を探してその人たちと交流を深めていくという方法です。
僕が友達や顔見知りがいないときに一番使っていた方法ですね。

具体的にどうやっていくかというと
・同じ趣味を持つコミュニティを1つに絞って足まめに参加する
・積極的にコミュニケーションをとっていく
・話を広げていく

この3つだけです。
僕の例だと、
・同じ音楽スタジオに毎週通う
・スタジオの店員さんに清算のときや、スタジオに入店する際に挨拶を欠かさずする
・慣れてきたら何かひとつ話題を見つけ、話をする。

これだけです。
この方法のいいところは自分の趣味の知識が広がることもそうですし、
人とのつながりを作るうえでは最も簡単なところです。
なにせ強い共通点がありきの状態で相手とお話をすることができるわけですから。
最初のほうはなかなか声をかけるにも勇気が出ない人はいると思います。

そんな人はまずは挨拶からはじめていきましょう。
それだけでも少しずつ印象が良くなっていきますから。

あと大事なのは同じペースで足まめに通うことです。

相手に覚えてもらう必要があるので、足まめに通って話をしやすくしていきましょう。
あと大事なのは勿論ですが、愛想良くしなければいけません。
仏頂面で挨拶されても相手も自分も気持ちよくありません。笑顔を心がけましょう。

趣味がなくてもお酒を飲むのが好きだという人は酒飲みが集まる場所に行くとか、
おしゃれが好きだという人はショップの店員さんと仲良くなるとかいろんな方法があります。

足と口を動かせばいくらでも人脈を広げる方法はありますので、
積極的になって積極的にコミュニティに参加してみましょう。

②の方法について

あまり良いイメージを持たない人も多いかもしれませんね。
しかしながら知り合いを作るという点においては楽かもしれません。
ただし、異性の相手のみですが。

同性の相手に出会い系サイトでコンタクトを取るというのは
少しながら違和感がありますね。

もともと出会い系というくらいなので、異性の相手を探すためのサイトですから。
勿論そこらへんも使い方次第ですし、同性の知り合いを探すこともできますが、
異性の仲間がほしいときに使ってみましょう。

具体的な使い方ですが、
課金の方法などはサイトによってマチマチなので、サイトで確認を取ってください。
相手とのコミュニケーションのとり方ですが、
基本的には男性の方は「数打ちゃあたる」です。女性の場合は送らなくても
たくさんのメッセージをいただくかもしれませんが、男女共通の方法で
夜のお供を探す以外の方法
下に記入しておきます。

・定型分を作り、相手の名前と相手のプロフで
内容を若干変えて多くの人に送る(必ず敬語で)
・プロフの部分には自分の写真を乗せておく
(じゃないと相手が興味をもたない)
・本名じゃなくてもOK。でもできるだけ実際にありそうな名前にする。
(偽名を考えるのが難しいと思うなら自分の昔のあだ名なんかでも可)
・相手からメッセージが戻ってきたら
できるだけ早く会話のキャッチボールを始める
・早い段階でできるだけ携帯のメールやLINEに変える。
・相手が携帯などにシフトしたがらない場合はすぐに次に移る。

コツとしてはできるだけ早く、できるだけたくさんに送る方法です。
最初の定型分を作るところではできるだけ紳士に、かつ丁寧にしましょう。
そして必ず敬語で書き、名前を変える部分を少なくしておきましょう。
(名前を変え忘れてしまうのと、名前を文中に書きすぎるとなれなれしく思われるので)
相手の名前が間違っていたら100%返信は帰ってきません。注意しましょう。

定型分の例を2つ挙げてみましたので参考にしてみてください。

僕の場合は話し相手や一緒にご飯を食べる相手を探したかったので

「はじめまして!三島 淳といいます。

〇〇さんのプロフを見て、すごい魅力的な方だと感じ、

一緒にお話できればすごい楽しいだろうなと思ったのでメッセージを送りました。

もし僕に興味を抱いてくれたのであれば、少しお話してみませんか。

お話もはずんで絶対に楽しい時間を一緒に過ごせると思います。

〇〇さんからの返事をお待ちしてます。」

というような感じでしょうか。
この文章内でのポイントは
・名前を書いている部分が2箇所、それも最初と最後の部分
・僕とお話できれば楽しいはずだと言っている
・敬語を使って、できるだけ丁寧に
・硬くなりすぎない
・長くなりすぎない
この5点です。
正直これだけでは弱いです。なので次のような方法がお勧めです。

これに更に相手のプロフを見て、趣味などが合い、それについて更に追記すれば
相手からの返信率も高まります。

たとえば

「はじめまして!三島 淳といいます。

〇〇さんのプロフを見て、すごい魅力的な方だと感じ、

一緒にお話できればすごい楽しいだろうなと思ったのでメッセージを送りました。

僕も音楽を聴いたり、実際に演奏したりするのが趣味なんです。

〇〇さんの好きな◇◇(っていうバンド)、僕も大好きなんですよ。

もし僕に興味を抱いてくれたのであれば、僕と◇◇について語り合いませんか。

お話もはずんで絶対に楽しい時間を一緒に過ごせると思います。

〇〇さんからの返事をお待ちしてます。」

こんな感じですね。定型分の例としてひとつまねしてみてください(笑)
下線入れたところが追加したところです。相手との共通点を示した方が
返信率も断然高いのでお勧めです。

出会い系を使う上での一番のポイントはすべてにおいて早く行動を返すということです。
いつまで経っても返事の返ってこない相手など無視をして次々と進んでいきましょう。
返事が返ってきた相手にはできるだけ早く返しましょう。
そして早い段階で携帯などに連絡方法をシフトしていきましょう。
それが出来ない場合はほとんどの場合相手に会う気が全くない状態ですから。

会うことが約束できたらあとは具体的に日付を決めて最短の時間で会いましょう。
僕はそうやって3人ほどの女性と会うことができました。
僕自身別に夜のお供を探していたわけでもないので、普通にご飯を食べたり、
地元の名物や地元民しか知らないような穴場などを色々教えてもらったりしました。

この方法の一番いけないところは
出会い系サイトで知り合った相手がどんな人なのか
会うまで全く分からないということ。

中には犯罪に巻き込まれるかもしれないといった不安もあるでしょうし、
実際に犯罪が発生しているという事例もあります。
特に女性の方は出会い系サイトを使う際は気をつけるようにしましょう。

③の方法について
正直な話一番難易度が高いかもしれません。

何故なら全く顔もあわせたことのない赤の他人に
話しかけていかなければならないのですから。
僕も初めてナンパをしたときはかなり緊張しました。


でも難易度が高いといってもそれは一番最初の時だけ。
慣れてしまえば空気を吸うみたいにナンパできるので
実践してみるのでは手ではないでしょうか。

そして正直な話一番お勧めな方法でもあります。
何故ならそれをもとに自分のコミュニケーション能力が高まっていくのが
なんとなく分かるからです。

僕は街中で声をかけて14,5人くらいの女性と簡単に一緒に遊ぶことが出来ました。
別に僕はかっこいいわけでも何でもありませんし、
どちらかというと平均以下位だと思っていますが、ナンパした相手から
気楽に暇つぶしの相手として見られれば、簡単に遊ぶことは出来ました。
知り合った中の一人は趣味が一緒(音楽)だったということもあり、
知り合ってから5年経ち、僕自身が地元に帰ってからもいまだに連絡をとっています。

僕自身ナンパで声をかけた人数は恐らく300人くらいじゃないかなと思います。
無視されたらすぐに次に移ればいいので一人にかかる時間はおおよそ平均10分くらい。
金曜日や土曜日の夜なんかは繁華街に行けばたくさんの人がいるので、
ナンパする相手を探す必要がないくらいです。

この方法のいいところは全然時間とお金がかからないこと。
決まったスパンでナンパスポットに行く必要はありませんし、お金がかかっても
ナンパして話を聞いてくれた相手にご飯をおごったり、お茶代を払ったりくらいで、
余程高いレストランなどにでも行かない限り大した金額はかかりません。
そして何より変なスリルがあって楽しいです。

この方法の悪いところは一番最初だけですが、なかなか足が前に進まないこと。
一番最初は「失敗するかも」とか考えてしまうかもしれませんが、大丈夫です。
そんなもの失敗してやればいいんです。
どうせ失敗してもその人にまた会うわけではないのですから。
恥ずかしいとか人の目とか気にする必要もありません。
別に悪いことしてるわけでも恥ずかしいことしてるわけでもないのですから。

ここはひとつ勇気を出してナンパをするというのもありではないでしょうか。

いかがでしたか?自分にとって最適な方法を見つけて
一人暮らしでも有意義な週末を送れるようにしてください。

ポイント
①趣味から同じ趣味を持つ人たちのコミュニティに参加する
・一定のタイミングで足まめに通う
・挨拶からはじめる
・話を広げる

②出会い系サイトを使う
・早くレスポンスを行う
・数打てばあたる
・すぐに携帯などの連絡手段へ変更する

③街に出てナンパをする
・一番最初を勇気を振り絞って声をかける
・とにかくたくさんの人に話しかける

拍手[0回]