忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【注意】どんなに忙しくてもやるべき2つのこと

やっと僕たちの業界も繁忙期が終わろうとしています。
今月末まではまだ繁忙期でバタバタしている部分は多々ありますが、
先週くらいまでに比べると大分楽になってきました。

さすがに掃除などが出来ていない状態が続いていたので
6月に入ったらモリモリ部屋をきれいにしていこうと思います。

ちょうど虫の出る季節でもあるし、なかなかほったらかしにしておけない状況に
なってきましたので、一斉にガンガン掃除していきたいと思います。

あなたの部屋はどうでしょうか。業界によってはこれから繁忙期を迎えると
思いますが、繁忙期になると家のことがおざなりになってしまい、
そして繁忙期が終了して閑散期になってきても部屋が散らかっていたり、
楽な方法で過ごしていたりしすぎてしまうと閑散期の間にも部屋が
ぐちゃぐちゃになってしまい、部屋が汚い状態に慣れてしまいます。

家事をやる上ではこの「慣れ」が非常に怖いということを覚えておいてください。

疲れている状態で片づけをしたり、夕飯を作ったりと非常に億劫になる気持ちは
分かります。

それでも、家事をやらなければあなたの快適な一人暮らしは保てません。

疲れて家事ができない、寝る時間が確保できないなどいろいろとありますが、
この二つだけは絶対にするようにしてください。

・洗濯物を洗うことと干し、乾いたら取り込むこと
・現時点の状況より散らけないようにすること

この2点を絶対に守るようにしてください。
そうでないと、あなたの会社が繁忙期になった後で部屋がめちゃくちゃに
散らかっている状態になってしまい、更にそれに慣れてしまう状況ができてしまいます。
洗濯者に関してもやらなければ下着がなくなってしまいますよ(笑)

絶対にそれだけは欠かさずにやるようにしてくださいね。

あなたの快適で自由な一人暮らし、仕事の為だけに犠牲になんかしないでください。

拍手[0回]

PR

【時短】洗い物をあっという間に片付けるためのテクニック

家事を早く終わらせるための方法その②です。

前回では僕がいかにして家事を連動させてやっていくかという方法を紹介しました。

仕事が遅くなってしまったりすると、夕飯を作って食べていると
寝る時間が12時を回ってしまうということも多々あると思います。

正直21時過ぎたらごはんを作る気力も湧いてきませんしね。

今回は炊事の方法です。いかに夕飯を早く作ってしまうか。
この方法についてお話ししていきたいと思います。

流れとしては

・夕飯を作る
・食器を洗う

この二本立てで説明していきます。

・夕飯を作る

家に帰ってきてから夕飯を作るというのはかなり根気もエネルギーも
必要な作業ですね。

方法としては先に料理しておくのがいいです。

料理しておくといっても2種類あります。

①材料などを切ったり、漬けたりするなどして準備できた状態で保管しておく
②材料を調理してしまって料理にしてから保管する

①の方法はその後多少なりとも料理する必要がありますが、まな板を出して包丁を
切ったり等後の洗い物がかなり激減されるので、大分楽になります。
献立も冷蔵の中に入っている材料を見てイメージできるので、特にこれが食べたい!
がなければ、簡単に料理をしている時間もかなり短くなるので、
先に準備をするという方法はおススメです。

②についてはレンジで温めるだけで出来上がりっていう非常に楽な方法ですが、
・これが食べたい!というものがあっても
冷蔵庫の中に残っているものを食べざるを得ない
・場所をとるので、保管しておける量が少ない
・料理が傷んでしまうのが早い

という欠点があります。
どちらの方法も一長一短なので、お好きな方法をとるようにしてください。

・食器を洗う

食器洗いはもう本当にできるだけ早く終わらせたいと思いますよね。

さっさと片付けて早く寝たい。
できればやらずに寝たい(笑)でもやらないと明日食器を片づける量が増えるし、
使いたい食器がそのまま残ってしまう。
何より食器についたソースなどが傷んで異臭を放つようになってしまう。

なので、食べ終わったらすぐに片付けをしたほうがいいですね。

まずそもそも洗い物で時間がかかるのか説明します。

・頑固な油汚れがなかなか落ちない
・台所の場所が狭く、洗いにくい
・調理器具、特にフライパンなどの汚れが非常に頑固

基本的にはこの3つです。
これらを解消できるようにすれば洗い物を早く、ストレスなく終わらせることができます。

この3つの点を元に早く終わらすコツを説明します。

・食べ終わったら食器をお湯で軽く汚れを洗い流す、もしくは
お湯に洗剤を入れて食器をつけておく
・料理している間に空き時間にある程度洗ってしまう
例:カレーを作っている際、煮込んでいる間に包丁やまな板を先に洗う
・食器を洗う際は小さいものから洗っていく
・洗剤を惜しまず使う
・いざ食器を洗う際はお湯で洗う

僕が早く終わらすために工夫しているのはこんなところですね。

お湯で洗うことによって油汚れは落ちやすくなります。
また、洗剤も溶けやすくなって油汚れを落としやすくなりますしね。
それにお湯に食器をつけたり、軽く洗い流してしまうことでスポンジにつく
汚れが先にある程度落とせるため、食器に汚れを引き延ばしてしまうことが
ないようにできます。

料理している間にまな板などを洗ってしまえば、台所を占領するまな板を
片づけることができてしまいます。後々の片づけもとても楽になるので、
先に洗ってしまいましょう。

食器を洗う際に小さい物から洗っていくことで無理なく台所の場所が空けられるので
洗い物が楽になります。特に手ごわいフライパン等を洗う時なんかはお湯で汚れを
流す時に汚れた水がほかの食器にかかると汚れがうつってしまいます。小さい食器類から
さっさと片付けてしまいましょう。

洗剤は惜しまず大目に使いましょう。途中で洗剤が薄くなったりすると油汚れは
落ちにくくなります。余計な時間がかかるだけなので、
洗剤は惜しみなく使ってしまいましょう

料理している間にある程度食器を洗ってしまえば、まな板などの大きなものに場所をとられず
実際すぐに洗いきってしまうことができます。小さな食器類はそこまで時間もかからないので、
まとめて片付けてしまいましょう。

早くできれば量にもよりますが、15分もかからないでしょう。
是非試してみてください。

ポイント
夕飯を早く作ってしまいたい場合
・事前に夕飯の準備をしておく
 ・材料をすぐに調理できるようにしておく
 ・事前に夕飯を作ってしまい、電子レンジであたためるだけにする

拍手[0回]

【必須】家事を死ぬほど効率よく行うための方法

早速ですが

想像してみてください。

・仕事で疲れて帰ってきて
・楽しく遊んで帰ってきて

散らかった部屋。
溜まった洗濯物。
疲労とそれに勝る空腹感。

あなたはこれから

洗濯物しなきゃいけない!
洗濯物干さなきゃいけない!
夕飯作らなきゃいけない!
乾いた洗濯物取り込んで片付けなきゃいけない!
部屋の掃除をしなきゃいけない!

けどあなたはこう思うでしょう。

今日はもう疲れたよ。眠たいんだ。
もうこれ以上睡眠時間削りたくない。明日も早いんだ。
洗濯物まだためても大丈夫だよ。まだ明日の分の下着もあるし。

どうですか?

すごく疲れて嫌な気分になりましたか?(笑)

一人暮らしをしているとこれらの家事というのは避けても避けられない存在として
あなたが一人暮らしをしている間、或いはパートナーが出来てもずっとやっていかなければ
ならないことです。なので絶対に逃げることはできません。

少しだけこの方法を編み出した背景をお話します。

僕は昔いた職場の環境が悪く、毎日朝の6時に出社しては次の日の2時や3時まで
働くということも珍しくありませんでした。

今となっては恥ずかしいことですが、一度使った下着や靴下などを洗わずに
再度使ったりしていました。洗っていない靴下や下着は勿論とても臭いますし、
すごい気持ち悪かったです。一番ひどいときは風呂も入ることもできず、
動物のような臭いを撒き散らしながら職場に行ってしまい、
職場の方々やすれ違った人たちに
汚臭テロをしてしまったこともあります。


そんな状況が嫌で嫌で仕方なかった為、編み出しました。

家事って毎日のルーチンワークって考えてしまうと、まるで家に帰ってきても
仕事をしているかのような錯覚に陥ってしまう。
家事を投げ出して風呂→ベッドと逃げても、
明日また量を増やして襲い掛かってくる。

そう、それはまさに悪夢!

じゃあ、そのとても大変な毎日相手にしなきゃいけない悪夢から目覚めるための
方法を説明します。

この方法は手間は普通にやるのと変わりませんが、
時間が半分以下に抑えられます。

考え方としては単純です。

・炊事
・洗濯
・片付け

これらのおおよその家事を総合的にこなす。
一つ一つで考えるのでなく同時進行させる。

これだけです。

どういうことかさっぱり分かりませんよね。

具体的に僕がその考え方で実践している方法の一つを具体例としてお話します。

①家に帰る

②スーツを脱ぎ、ハンガーに干します。

③ジャケットとパンツ以外を脱いだ瞬間に洗濯機へ

④すっぽんぽんのまま洗濯機を回し、風呂に入ります。

⑤風呂から出たら着替えて米を炊き始めます。

⑥味噌汁を作るために湯を沸かします。

⑦その間に電子レンジで冷凍食品を温める用意をします。

⑧味噌汁の具をすべて切って味噌汁の中に入れて暖めて完成させます。

⑧乾いた洗濯物を取り込み、ハンガーをとってたたみます。

⑨たたんだ洗濯物をたんすなどにしまいます。このタイミングくらいで洗濯が終了します。

⑩冷凍食品の入った電子レンジを作動させ、洗濯物を干します。このタイミングくらいで米が炊き上がります。

⑪米をよそって、電子レンジから温まった冷凍食品を取り出し、味噌汁を注いでご飯完成。

この段階で洗濯物の片付けと洗濯物干し、あとお風呂もご飯も済ませることができます。
時間としてはおおよそご飯が早炊で炊き上がるまでの時間なので

45分くらいでこれだけ済ませることができます。

ちなみにこの間、全く急いだりしません。

ちなみに僕は風呂から出た後髪の毛は自然乾燥(笑)なので、この流れが
問題なくできてしまいますが、髪の毛を乾かさなければいけないとしても、
風呂から出たら乾かすなど、追加すればいいと思います。

まだまだ続きます。

僕は紅茶が大好きなので紅茶を淹れている間にもよくこんなこともします。


①ケトルに水を入れて沸かします。

②その間に夕飯で使用した食器や調理道具を洗って水切り棚に干します。

③沸いたお湯で紅茶を入れます。

④紅茶が入るまで洗い物の続きをします。

⑤紅茶ができたら洗い物をほったらかしにして紅茶ブレイク!

⑥紅茶を楽しんだ後、使ったマグカップも一緒に洗う。


さて二つの流れを説明させていただきました。

鋭いあなたなら僕がどういう仕組みで家事を終わらせているのか分かりましたね?

僕が何かの家事をしている間常に洗濯機やら電子レンジやら
炊飯器やらの家電製品が働いているんです。

つまり僕がやっていたことは機械にやってもらうところは一番最初に家電を動かして
僕が家事をするのと同時進行させていただけなのです。

もう一つ仕組みがあるのですが、これは僕の住んでいる家の環境にあわせている部分です。
自分が今家事をやっている場所に近いところの家事を優先的に終わらせている。
つまり自分が動かなきゃいけない距離をできるだけ短くしている。

そしてそれをまた少し効率よく流れを作り、まとめられる所はまとめているだけのこと。

この方法はめちゃくちゃ単純な道理だし、
考えてみれば誰でも分かることなのですが、
やらなければいけない家事を目の前に
疲れて嫌になって思考停止してしまっているのか、
おおよその人たちは家に帰ってから飯食って風呂入って寝るだけで
1時間半とか掛かってしまうようです。
そして週末にまとめて家事をやるとか。

週末に家事をやるとかうんざりですよね。
でも仕事から帰ってきて毎日飯食って寝るだけだと
家事は週末にやらざるを得なくなってきます。
もしくは僕みたいに着るものがなくなって
臭い下着や臭い靴下を履く羽目になります。

嫌ならその日のうちに終わらせてしまいましょう。

この流れに沿って家事を終わらせることができれば、仕事から帰ってきて
最短1時間程度で寝ることができます(笑)

なれないうちは難しいかもしれませんが、慣れてしまうととても楽です。
是非実践して少しでも多くのあなたの時間を作ってください。

家事を早く終わらせるポイント

・家事を一つ一つではなく、総合的に捉える
・一つ一つ終わらせるのではなく、同時進行で行う

具体的には
・自分が動いている間機械たちを暇にさせない
・自分に一番近いところから終わらせる
・まとめられる所はまとめて終わらせる

家事が普段からできないと
・臭い下着や靴下を履く羽目になる(笑)
・週末にまとめて家事をしなければいけなくなる
・汚臭テロリストとして国家にマークされる!

拍手[0回]